/リーグ再開に向けてモウリーニョに真価を証明すべき7人の選手

リーグ再開に向けてモウリーニョに真価を証明すべき7人の選手

ヤン・フェルトンゲン

フェルトンゲンの状況は奇妙なものだ。通常の状況であれば、今頃このベルギー人ディフェンダーは新しい契約に合意することなく、出口のドアに向かっている可能性が高い。

しかし、これは通常の状況ではなく、スパーズのようなクラブは移籍金を払って新戦力を補強するよりも、現在の選手を保持する方が安上がりだと判断するかもしれない。

この夏、財政難に苦しむクラブにとって、フェルトンゲンのようなフリーとなる選手はすべてのカードを握ることになるだろう。

この先の数週間で、フェルトンゲンは33歳になってもプレミアリーグ最高の選手の一人であることを証明することができるし、次の移籍先に向けて体調を整えることもできるだろう。

ダビンソン・サンチェス

このコロンビア人もスパーズで奇妙な状況に陥っている。彼は加入当時、クラブの移籍金記録での補強であり、マウリシオ・ポチェッティーノのもとで世界最高のセンターバックの一人になれると信じていた。

今、彼には、マンチェスター・ユナイテッド時代にヨーロッパリーグ決勝でアヤックスの「守備の弱点」としてサンチェスをターゲットにしていたことを認めたモウリーニョがいる。

エリック・ダイアーは、自分の将来がディフェンダーにあると宣言し、新たな契約を結んだジャペト・タンガンガとトビー・アルデルヴァイレルトはモウリーニョのお気に入りである。よってサンチェスは今後数週間、ヘッドコーチの愛情を求めて戦わなければならない。

モウリーニョが彼のボールを扱う能力を向上させることができれば、サンチェスはスピードと強さを備えたディフェンダーの中で最も完成度の高いオプションとなるが、まずはポルトガル人指揮官の期待にしっかりと応えて、自分のポジションを獲得しなければならないだろう。