/リーグ再開に向けてモウリーニョに真価を証明すべき7人の選手

リーグ再開に向けてモウリーニョに真価を証明すべき7人の選手

フアン・フォイス

(自身のミスで失点を導いた)ノリッジ戦のハーフタイムで交代を命じられて以来、トッテナムでのフォイスの将来は不透明なままである。

22歳のアルゼンチン代表ディフェンダーは、自身への評価を見直すだけの価値のある選手であることをモウリーニョに証明するために、今後数週間を戦うことになるだろう。

ポルトガル人指揮官は、チャンピオンズリーグのミュンヘンでの試合で彼のパフォーマンスに感銘を受けていたが、実際にフォイスは多才でスキルも豊富だ。

今、彼はモウリーニョを説得して、低評価に繋がってしまった愚かなミスをなくすことができると確信させなければならない。

オリバー・スキップ

こちらもフットボールが中断する前に、ハーフタイムに交代を命じられた選手だ。

エンドンベレとともにハーフタイムで交代を命じられたバーンリー戦の数日前のFAカップのノリッジ戦で、スキップは120分間以上も輝きを放っていた。

モウリーニョは、この10代のミッドフィルダーに大きな期待を寄せていることをすでに認めており、クラブ内ではモウリーニョにとっての次なるスコット・マクトミネイのような成長株になる可能性があると感じられているようだ。

しかし、1月にジェドソン・フェルナンデスが到着したことで、このU-21イングランドU21代表の競争が激しくなり、より多くの出場機会を得るに相応しいことを証明しなければならないだろう。