/ムサ・シソコ、「ポチェッティーノやコーチ陣は僕に満足している」

ムサ・シソコ、「ポチェッティーノやコーチ陣は僕に満足している」

ワールドカップに出場したエリック・ダイアーやムサ・デンベレが休暇によって合流が遅れており、またビクター・ワニアマやハリー・ウィンクスが故障するなか、シソコは早くにクラブに戻って来た。

ポチェッティーノの要求を充たすためプレシーズンがどれほど重要か、シソコは分かっている。

「そうだね。僕だけじゃなく、チーム全体にとってもきちんとトレーニングすることは大切だ。真剣にプレシーズンの試合に取り組んでシーズンの初戦に向けて準備万端にするためにもね」

「皆、プレシーズンがどんなに重要か分かっているよ。多くの試合に向けて準備し、良いコンディションをキープしてどんなプレーで行くのかを理解し、全員が良い感触を掴めるためにね」

さらに個人的な目標についてシソコはこう付け加えている。

「やることはいつもと変わらない。より良くなるように、より向上するように努めること。リーグで出来るだけ高い位置で終えるようチームに貢献すること。チャンピオンズリーグで出来るだけ上に行くこと。良いパフォーマンスをすること」

フランス代表として2年前のユーロ2016の決勝のピッチの上で敗戦を経験したシソコは、この夏のワールドカップではフランス代表入りを逃している。同じチームのスパーズ、そしてフランス代表のキャプテンでもあるウーゴ・ロリスが、ロシアでトロフィーを掲げる場面をテレビを通じて見ることとなった。

「まあ、人生はこういうものだね。このチームの一員になりたかったけど、監督は僕を外す決断をしたんだ」

「フットボールとはこういうものさ。彼らが優勝してとてもハッピーだよ。それに相応しいチームだ。今は先を楽しみにしている。これからどうなっていくだろうね」

TAGS: