/ムサ・シソコ、「ポチェッティーノやコーチ陣は僕に満足している」

ムサ・シソコ、「ポチェッティーノやコーチ陣は僕に満足している」

スパーズで3シーズン目を迎えるムサ・シソコは、トッテナムでの日々について語る。その中で、「ポチェッティーノやコーチたちはいつも僕に満足してくれているよ」とチーム内での充実した環境を明かすが、一方でシソコのスパーズでの日々は、スパーズ・ファンから批判を浴び続ける日々でもあった。

 

ムサ・シソコがトッテナム・ホットスパーで過ごした時間は、ファンとのギクシャクした関係もあってこれまで決して順調なものではなかった。が、本人はマウリシオ・ポチェッティーノ監督がいつも自分を支えていてくれたと信じている。

28歳のフランス人ミッドフィールダーは、トッテナムにとって物事が上手く行かないとき、しばしばサポーターのスケープゴートとなっている。だが、ポチェッティーノは彼を信頼するボスであり続け、とりわけ大一番に際してはそうだった。

2年前に3000万ポンドで加入したがパッとしない1シーズンを送る。その後改善し、昨シーズンのシソコはアルゼンチン人監督のもとで50試合ちかくに出場。ファンが声を上げてフラストレーションを露わにするなか、監督は常に選手を擁護していた。昨シーズン、ポチェッティーノはこのように語っていた。

「彼は我々の最も重要な選手の一人だ。彼の貢献を認めなければいけない。攻守の切り替え時などでは、チームの中で唯一バランスをもたらせる選手なんだ」

「人は皆、迷信を抱くものだ。私だってそうだよ。皆と同じだ。時としてありもしない幻影を作り上げることはあるが、多くの場合はものごとに対して客観的になれないか、正直になれていないんだ。ある人物に対して第一印象で思ったことに、永遠にとらわれてしまうこともある」

水曜夜、ローマに4-1で勝利した後、このポチェッティーノの発言について聞かれたシソコはこう答えている。

「ここでの最初のシーズンは簡単なものじゃなかったと思う。加入するのが遅くてプレシーズンを過ごせなかった。それは簡単なことじゃなかったし、僕にとっては新しいはチャレンジだったんだ」

「だか、昨シーズンは多くの試合でプレーしたし、チームと同様に僕はよくやったよ。今シーズンも上手く行くよ。もっとプレーして、ずっとずっとより上手くできるように努力するんだ」

「ここで皆といれてハッピーさ。スタッフもいつもハッピーだし、このまま上手くやっていくだけさ」

TAGS: