/ムサ・シソコ:「へぼシューター」から「真のゴールゲッター」に

ムサ・シソコ:「へぼシューター」から「真のゴールゲッター」に

シソコがどこでプレーしようとも、これまでイングランドでの生活を始めてからフィットネスの問題に悩まされてきたフランス人のチームメイト、タンギ・エンドンベレと組む機会はほとんどなかった。7月にクラブレコードとなる6500万ポンドの移籍金でスパーズに加わった22歳のエンドンベレは、スパーズですでに紆余曲折があったものの、水曜日のチャンピオンズリーグ、バイエルン・ミュンヘンとの「消化試合」を、鼠径部の負傷のために欠場するだろう。

イングランド、特にスパースのようなクラブで定着することの難しさを熟知しているシソコは、彼の同朋がすぐに状況を好転させることを疑わない。

「彼はとても若いから、すぐに良いパフォーマンスができるようになるのは決して簡単ではないんだ」

「彼は多くのことを学ぶ必要がある。フランスと比べると大きな変化で、彼には時間が必要だ。僕はニューカッスルにいたから、彼と僕を比較するつもりはないよ。でも、僕がトッテナムに来た時は難しかったからね。そこから全力を出して良いプレーができるようになるまで、一生懸命練習したんだ。僕が良いパフォーマンスを発揮するまでに数シーズンかかかってしまったけど、それでも成し遂げた。彼も同じよ。僕らは彼が多くのクオリティを持っていることを知っている。彼はすでに数試合でそれを見せたよ。彼は時間を経過するごとに上達するだろうし、きっとこのクラブにたくさんのものをもたらしてくれるさ」

「僕は彼にそう言って聞かせているんだ。僕は毎日彼と話している。ドレッシングルームで彼は僕の隣に座っているんだ。僕はいつも彼と一緒にいて、彼を助けられるようにしている。彼の英語もまだ上手じゃないから、彼には誰か身の回りのことを助けてあげる人の存在が重要なんだよ。それを僕が買って出たんだ。心配はない。彼が良いパフォーマンスをして、うまくやって、みんながすぐに彼のことを話題にするはずさ」

TAGS: