/ムサ・デンベレ、この夏の俺の移籍先は…

ムサ・デンベレ、この夏の俺の移籍先は…

トッテナム・ホットスパーからの移籍が迫っているムサ・デンベレだが、自らの口で次なる活躍の場はイングランドには無いことを明言。

イタリアやアメリカ、中国から獲得に関心を持たれているミッドフィルダーは、スパーズとの契約を残り1年としている。仮にムサ・デンベレがこの夏にトッテナムを去るとしても、その行き先はイングランドのクラブでは無いようだ。

30歳のデンベレは2012年にスパーズに加入し、特にここ数シーズンはマウリシオ・ポチェッティーノのもとで卓越したプレーをみせている。現在のクラブとの契約は残り1年で、イタリアや中国から獲得の動きが伝えられている。

どんな可能性もあるとするデンベレだが、次なるアドベンチャーはイングランド国外になると認めている。

「トッテナムは俺のクラブだ。家族はロンドンで幸せに暮らしているし、子どもたちは小学校に入学した。この環境はとても手放せないものさ」

「だがそれでも、俺はどんな可能性にもオープンだ。俺は小さな頃からアドベンチャーが大好きだったからね」

「すでにアクセル・ヴィツェルと中国のクラブについて話しをしたよ。でも、MLSについてローラン・シマンとも話したぜ。もし友人の誰かがバングラデシュでプレーしてたら、俺はその情報も聞いてみたいね」

「俺に与えられた選択肢を今はしっかりと吟味しているところなんだが、イングランドでトッテナム以外のクラブでプレーする自分の姿は想像できないね」

現在、ベルギー代表に合流しているデンベレは、ワールドカップを終えた後に代表を引退することを示唆している。

Mousa Dembele is playing for Belgium at the 2018 World Cup

 

「これが俺の最後のトーナメントさ。13年間、18歳の頃から代表チームで俺はやってきた。でも、今、決めるつもりはないんだ。トーナメントが終わったらね」

「自分のボディに聞いてみないといけない。ワールドカップの後も続けられるか。あと2度のトーナメントを戦えるかをね」

「でも、これからさらに6年間も代表チームでやっていけるなんてことは無いよね」