/【コラム】モウリーニョには「ケインとソニーのチーム」からの一時的な脱却が迫られる

【コラム】モウリーニョには「ケインとソニーのチーム」からの一時的な脱却が迫られる

わずか31歳のサクラメントはヨーロッパで最も評価の高い若い指導者の1人であり、リールは11月に彼を手放すことに非常に消極的だったことは注目に値する。速くてエキサイティングなフットボールでリールの順位を向上させるのに大きく貢献し、リールでの成功の以前にもモナコでその役割を果たしていた。

彼とモウリーニョとの関係は新しいものだが、モウリーニョは自身のフットボールの現場復帰への準備を進めるにあたって、長い時間をかけて新しい右腕となる若いアイデアに溢れた指導者を探した結果、非常に慎重にサクラメントを選抜した。

モウリーニョはパワフルで支配的な立場を好むが、常に信頼できるコーチに耳を傾けてきた。ゆえに、サクラメントの影響力は時が経つにつれて前面に出てくるだろう。

問題は短期的なものであり、モウリーニョやサクラメントとその他コーチ陣が、今、目の前に立ちはだかる問題への解決策をどのように打つだろうか。

長い間保持していた「プレーの原則」を夏まで一時的に変更し、攻撃の選手にその「プレーの原則」から外れた自由を与えたり、これまでチャンスを与えられなかった他の選手を信頼して起用する必要があるだろう。

例えばロチェルソは、モウリーニョが就任してから出場機会を掴むために一生懸命にアピールを続けなければいけなかった選手の一人であり、今では不動の地位を掴んでいる。

トッテナム・ホットスパーのこれからの3ヶ月間は長くて厳しいものになるかもしれないが、それが地獄である必要はないのだから。