/キャリアの再始動にあたってモウリーニョが耳を貸した相手は妻のタミ

キャリアの再始動にあたってモウリーニョが耳を貸した相手は妻のタミ

レアル・マドリード就任の可能性はなかった

多くの人はジョゼ・モウリーニョがレアル・マドリードからの就任オファーを待っていたと言うが、ポルドガル人コーチである彼は近い将来スペインの首都に戻ることは現実的にありえないと感じていた。彼はマドリードに新天地を求めることも視野に入れていたか? 答えはイエスだ。しかし、コーチングの仕事から数ヶ月離れた後、彼の家族からアドバイスを受けたことで、彼の目的に沿う最善の選択肢ではなくなった。そしてまた、ジダンがレアルの新コーチとなるという公式の発表がなされる前に進むべき道を見つけたのである。

偶然にも、レアル・マドリードの新監督候補にマウリシオ・ポチェッティーノの名が挙がっていた。そして実際に彼はトッテナムを解任されたのである。モウリーニョはいつも、いや未だにそのアルゼンチン人コーチがジネディーヌ・ジダンの代わりとなりうる監督であると信じているのである。