/ジョゼ・モウリーニョ:リバプール戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:リバプール戦を控えての記者会見

ハリー・ケインの負傷があっても笑顔でいられるか?

それが人生、それがフットボールだよ。もちろん、悪いニュースだが、我々は前向きだし、良いニュースに目を向ける必要がある。良いニュースは、今月末までに、ウーゴ・ロリスとベン・デイビスの2人の新戦力が加わる。これは良い知らせだ。

ロリスは私のもとで試合でプレーしたことがない。ベンはプレーしていて、我々が発展させようと開発したシステムでとてもうまくいっていた。左サイドバックが本職で、内側のポジションでもできる彼でないとできないシステムだ。ダニー・ローズは純粋な左サイドバックだし、ヤン・フェルトンゲンは左サイドバックではない。ライアン・セセニョンは左サイドバックを学んでいるところだ。だから、ベンは我々のプロジェクトにとって非常に重要なんだ。良いニュースだよ。

もちろん、ハリーは重要でかけがえのない存在だ。ハリー・ケインに取って代わる選手はいないし、ムサもとても良いプレーをしてきた。私が来てから最も優れたパフォーマンスを披露していた1人だと思うよ。彼らが戻ってくるまで数週間ではすまない。手術を受け、長い長い時間がかかる。

ここでの最初の2ヶ月間で私はロリスについて話したことはない。もし許されるなら、ハリー・ケインとムサ・シソコについては、戻ってくるまで話題にしたくないね。記者の皆さんが彼らについての話しを切望しているのだろうから、はすべてを話すよ。

ケインが離脱中の今、キャプテンのロリスが復帰すれば大きなブーストになるか?

それは非常に重要だ。彼はハリーとともにキャプテンだ。我々は1人を失っているが戻ってくれば素晴らしいよ。彼の経験、彼のプレー、彼の指示。ゴールキーパーにとって、プレーと共に指示出しがとても重要だからね。

我々にはベストを尽くしてくれているゴールキーパーがおり、彼に信頼を置いている。このような重い負傷からウーゴが戻ってくるのは良いことだし、これで医療部門の仕事も少し余裕ができるだろう。医務室を去る選手がいれば、新たに入っていく選手もいる。彼はこの3ヶ月間、毎日そこにいたので、「ウーゴ・ロリス」と書かれたネームプレートが医療部門に掛けてあっただろうね。

あなた方がハリーについて話したいと思っているのはわかっているよ。あまり話すと落ち込んでしまうので、ハリーについて話したくないんだ。あなた方に、「悲惨で機嫌が悪い」と言われてしまうからね。皆さんを笑顔にするような話題の方がいいんだよ。

Tottenham Hotspur