/マンチェスター・ユナイテッド戦に向けてチームを立て直すためにやるべきこと

マンチェスター・ユナイテッド戦に向けてチームを立て直すためにやるべきこと

その1度とはウルブズ戦とリーズ戦の間の「6日間」だったが、その時はキックオフの数時間前までスパーズがミッドウィークにフラムと対戦すると信じて準備をし、結果的にその試合が中止になってために生まれた「6日間」であった。

つまり、モウリーニョはその「6日間」の前半をリーズではなくフラムとの対戦を想定して選手を準備していたことになる。よって、厳密に言えば、ウィコムとのFAカップの対戦を除けば、モウリーニョは今シーズン、週末の試合のために1週間フルにて選手と準備しことは一度もなかったことになる。

ちなみに、そのリーズ戦とウィコム戦をスパーズは勝利しており、モウリーニョはこの貴重な機会を利用して、木曜日の夜にヨーロッパリーグのグラナダで試合をこなすユナイテッドとの週末のホームゲームに向けて、スパーズを完全な状態に仕上げなければならない。

チームの再結束

今週、トレーニングの様子が選手たちのSNSに投稿されているが、それらによると、トレーニングでのムードを高めるために楽しいゲームがたくさん行われているようだ。

チーム内の選手全員が同じ方向を向いていないことは周知の事実であり、ウーゴ・ロリスも先月そのことを明らかにした。また、多くの選手が日曜のニューカッスルとの試合後のモウリーニョのコメントに満足していない。

先々週まで、選手たちは代表ウィークで散り散りになっていたが、この7日間でモウリーニョはチームの多くの選手たちと話し合い、ユナイテッドとの大一番に向けて結束を強める方法を見つけたいと考えているようだ。