/ジョゼ・モウリーニョ:マンチェスター・ユナイテッド戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:マンチェスター・ユナイテッド戦を控えての記者会見

オールド・トラフォードではPKで2-1に負け、昨シーズンのホームでは同じくPKで1-1の引き分けだった。それらが現実なのだと思う。お互いに実力は遠く離れているわけではないので、どちらにとっても難しい試合になると思うよ。

スールシャールが前回の結果を利用するかどうかは知らんがな。自分がその立場だったらね。もし、自分のチームが前回6-1で負けていたとしたら、私は選手たちに『1度あったことだから、2度はない』と言うだろう。あの結果は現実を反映していないんだ。試合はタイトになるだろうし、我々は勝つことができるが、もしかしたらスールシャールは違うかたちでくるかもしれないね。

ダビンソン・サンチェスは人種差別的な非難を受けましたが、彼の状態とクラブの対応はどうでしょうか?

クラブは対応中で、細部まで調査している。もちろん、クラブは強いメッセージを出したいと思っているし、クラブが下す決断は、もちろん我々が受け入れ、サポートするのだが、それはこの悲しい状況についての内部的な議論を経ることになる。

ダビンソンに関しては、もちろんこの悲しい状況についてこれ以上説明することはないが、彼はクラブ内で多くの愛に包まれているよ。とても魅力的な男だし、皆が彼を慕っていて、サポートしているから、彼は元気だよ。

やあ、ジョゼ。元気かい?

私は10分後にフットボールの(練習)試合をするんだよ。

あなたはゴールキーパーですか?

いや、今は体を鍛えているからね。少しは走れるし、ボールも蹴れるよ。

Tottenham Hotspur head coach Jose Mourinho during a training session ahead of the Premier League match against Manchester United