/ジョゼ・モウリーニョ:マンチェスター・ユナイテッド戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:マンチェスター・ユナイテッド戦を控えての記者会見

トッテナムはホームで好調ですが、ポジティブに考えるべきでしょうか?

私はあまりそのての記録を見ないようにしている。なぜなら、スタッツや傾向、記録に反したことが起こることがあるからだ。私は自分たちを信じているので、自信を持って臨むよ。今週、我々ができる限りの準備をして試合に臨んでいると信じている。信じているからこそ、他のことを考えて試合に臨みたくないんだ。我々は準備ができている。この1週間、我々はよく準備を整えてきたんだ。

ヨーロッパリーグからの敗退という望まぬ理由ではあるが、試合への準備のための1週間を費やすことができた。これまで今シーズンは、望んだ理由(ヨーロッパリーグを勝ち上がっていた)でそれが長らく出来なかったんだがね。そして今回、ようやく実現したんだ。それが私をポジティブにしてくれた。今週のトレーニングは楽しめてるよ。おかげで私はポジティブだ。

オールド・トラッフォードでの6-1は、オーレ・グンナー・スールシャールのチームトーク(選手への鼓舞の言葉)や、あなたのチームトークにも使われるのでしょうか?

申し訳ないが、あなたの質問には後ほどお答えするよ。というのも、フィリップ殿下に関する悲報を読んだばかりなんだ。英国王室の皆様にお悔やみを申し上げたい。正直に言って、私は王室の方々に深い深い尊敬の念を抱いている。

このような気持ちに共感できるのは、この国の人たちだけではないと信じている。なぜなら私はイギリス人ではないが、私のように最大限の尊厳の念を抱いている人は多いと思うからだ。

あなたの質問を遮ってしまい、申し訳なかった。

質問の答えだが、あの6-1のスコアは現実を反映していないと思っている。そういうことも起こり得るんだ。もちろん、偉大な2チームの間では、脈略もない形で結果が出ることもあるだろう。私はどちらかというと、その前の我々とユナイテッドとの2試合の方に目を向けたいね。