/ジョゼ・モウリーニョがエンドンベレをモドリッチと比較し、先発出場の可能性を明かす

ジョゼ・モウリーニョがエンドンベレをモドリッチと比較し、先発出場の可能性を明かす

ジョゼ・モウリーニョは、タンギ・エンドンベレの状況を明かし、レアル・マドリードのルカ・モドリッチとの比較を説いた。

23歳のフランス人ミッドフィルダーは、モウリーニョがリーグ中断中の彼の努力を称賛したにもかかわらず、スパーズのここ2試合はピッチに立っていない。

ウェストハム戦の勝利を告げる試合終了時のホイッスルが鳴った頃、スパーズの指揮官とエンドンベレとの関係が大きく崩れたとの報道がフランスから発信された。

その試合後の記者会見で報道について否定したポルトガル人指揮官は、今回、才能あるミッドフィルダーがなぜ出場機会を得ていないのかについて、その能力を称賛しながらより詳細に語っている。

「才能のない選手には何も起こらないものだ。だから、才能のない選手には何も起こらないんだよ」

「才能を持たずに生まれれば、才能を持たないまま死んでいく。才能に恵まれていれば多くの変化が起こるものだし、いろんな経験をするものだ」

「彼がここに来てから1年、私が来てから半年が経ったが、おそらく私自身はこの最初の6ヶ月間を上手く乗り切っているとは言えないだろうし、それはとてもとても重要なことだと思っている」

「違うクラブ、違う国、違うフットボール文化からやってきた選手が、最初の半年間に何があったのか、私には分からない」

「私がやってきたときに問題を抱えていたことは知っている。怪我や体調不良など、新たな監督と一緒に仕事を始めた時のインパクトを残すことができなかったし、周りのチームメイトたちにもインパクトを与えることができなかったんだ」