/ジョゼ・モウリーニョ:リバプール戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:リバプール戦の後の記者会見

どうして1ポイントも得られなかった?

いい質問だね。我々はそれに値すると思うよ。だからこそ、私は選手たちと良い感情を抱いている。我々はすべてを出したと思う。我々はそのポテンシャルを最大限に活かしたおそらく世界最高のチームについて話している。

セカンドチームでFAカップのビッグゲームを戦ったことでコンディションに影響があったにしてもね。我々はご存知の通り困難を抱えているチームだ。それにもかかわらず、我々はこの結果以上のものに値すると思うよ。選手を誇りに思うだけの理由があるんだ。

ロバートソンのタンガンガへのチャレンジはVARで別の視点から確認されたはずか?

あのチェルシー戦でのソンと比較すれば、答えは自ずと出るはずだ。それだけではない。あのゴールのスタートはスローインだった。あれは我々のスローインだ。マネが最後にボールに触れていた。あれは我々のスローインだった。そこから相手のゴールは生まれている。

私は審判の指導者ではなく、選手の指導者であるの、昨日のトレーニングでは守備のスローインに長い時間を費やし、そこで我々は失点を許してしまったので私も選手たちも少し困惑したよ。だがそれがフットボールなんだ。私にとってポジティブなことが選手たちからもチームからもいっぱいいっぱい見つかったよ。

現時点で、チームは非常に困難にあり、このような良い相手と渡り合うための条件になるパズルを構築するのは難しいから、我々がこの週に取り組んだ仕事と選手たちがピッチの上で実践してくれたことに満足する理由があるね。