/ジョゼ・モウリーニョ:ウェストハム戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ウェストハム戦を控えての記者会見

モウリーニョは、今シーズンのトッテナムがプレミアリーグで何を目標にしているかと質問を受けた。現在9位に位置するが、スパーズは1つの未消化試合があるなかで4位のチェルシー、5位ウェストハムと6ポイント差、6位のリバプールとはわずか4ポイント差に留まっているという状況を指摘した。

「3試合に負けて順位が悪くなるのと同じように、3試合に勝てば良い順位が上がるんだ」

「だから昨シーズンのように、最後まで戦い抜いて、そこで順位表がどうなっているかを見てみるよ。最終的な順位表こそが、自分たちにふさわしいものを与えてくれるからね」

「順位表のことを考えるのはまだまだ時期尚早だ。まだ多くのチームに未消化試合がある。我々の場合、すでにリバプール、チェルシー、マンチェスター・シティと2試合を戦った。それらトップチームのまだ1度も2試合目の対戦をしていないチームがあるんだ」

「我々の未消化試合は1つだ。さらにサウサンプトンは、我々がとの対戦が予定されている週末にFAカップの準決勝を戦わなければならないので、その試合も開催されないことが分かっている」

「アストンビラとの対戦はいつになるのか?知らんがな。(カラバオ・カップの)ファイナルの1日前の4月24日かもしれないが誰が知っているんだ?」

「とても複雑なんだ。だから我々は戦わなければならないし、どうなるかがわかるには最終節まで待たなければならない」

「何が起きてもおかしくない。4位以内に入ることも、6位以内に入ることも、6位以内に入らないこともあり得る。可能性のあるなかでベストな戦績を出せるようにしなければならない」