/ジョゼ・モウリーニョ:ノリッチ戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ノリッチ戦を控えての記者会見

エリック・ダイアーはあなたのキー・プレーヤーになると思われたがプレミアリーグで1ヶ月以上先発していない。フィットネスの問題か?

それは以前にも出た質問で、「11人しか出場できないからだ」と同じ回答になるよ。ウィンクスがプレーしていないときに、ウィンクスについて同じ質問が出たのを覚えてる。今、ウィンクスがプレーしていると、今度は質問がエリックになる。私は各ポジションでこういった問題が生まれるのは歓迎するよ。

そのポジションでは、より優れた1人のポジショナル・プレーヤーを起用したいのだが、エリックとウィンクスがいて、一人がプレーし、もう一人はベンチに座るのは最適だ。だが、それで以前にも質問が出た「出場していない選手」について注目が集まってしまう。しかし、優秀なチーム、競争力のあるチームには、これらの問題が至る所に起こるんだ。素晴らしい問題だよ。とてもハッピーさ。エリックとウィンクスがいてくれてハッピーだね。

エンドンベレは連戦出場が可能か?

まぁ、様子を見てみよう。自信はあるが、見てみようぜ。彼がチームに何を与えることができるかはわかっている。彼が我々のためにプレーした時間や試合を振り返ると、我々のやりたいプレーするためにチームがにとってとても重要なクオリティを見せてくれていた。しかし、もちろん試合開始から15分で交代になるのは良いことではないし、1試合に出場して、その後の2、3、4試合に欠場するもの良いことではない。

先週、彼はフィットネスコーチとの個別メニューをこなし、そこで徐々にレベルを上げて、何の問題もなくチームに合流した。明日が彼にとって良いスタートになることを願っているよ。

ウィンターブレイクに入る前にこれからあと3つの試合がある。このブレイクは、最高のコンディションではない選手を改善する機会でもあるが、明日、そして土曜日、そして(来週の)シティとの試合で活躍してくれることを願ってる。

ソンの最近のパフォーマンスはどうか?

彼は元気にプレーしていると思うよ。ゴールを決めてないがね。すべての試合で、彼がゴールできるところまではいっている。例えば、ワトフォード戦では、前半にロングパスに抜け出して走った。それを一旦トラップする替わりに、最初のタッチでダイレクトシュートを放ち、バーを越えた。後半にも中央右から強烈なシュートを放ち、同じくバーを越えたのがあったね。

ゴールできるところまではいっている。攻撃の選手には自信が必要だ。自信は励ましの言葉やハグではなくゴールを決めるで得られるんだ。ファンタスティックな選手だしファンタスティックな青年だ。素晴らしいプロフェッショナルだ。彼は仮にゴールを決めなくてもチームにとって優れた選手だよ。

彼らはある種のストライカーとも言える。ストライカーはゴールを決めれば評価を得、ゴールを決めなければチームへの貢献が無いものとされる。彼はゴールを決めなくても私に多くを与えてくれるので、私はそれをあまり心配していないよ。やがてゴールを決めるだろうし、それが明日になると信じているよ。