/ジョゼ・モウリーニョ:エバートン戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:エバートン戦の後の記者会見

ピッチ上での情熱を語っていたが、シェフィールド・ユナイテッドの後に求めていたのはこういう反応だったのか?

どちらの戦い?試合中?それとも、ハーフタイムの時か?どちらも同じだな。同じ精神が発揮されていたと思うよ。シェフィールド戦の後にたくさん話をしたんだが、その中で、批判的な感覚を持つこと、お互いにオープンになること、お互いに要求し合うこと、上辺の態度だけを受け入れないこと、相手との対人で受け身にならないことなどがあった。その話し合いの結果だよ。

パフォーマンスはとても盤石だったね。ベンチにいた私と皆さんが同じ感覚を持っていたかどうかはわからないが、私の感覚では試合をコントロールできていた思う。試合がコントロールされていない(相手に主導権を奪われた)と感じたことはない。彼らがボールを持っている時でさえ、我々の守備は非常に堅固に感じていたね。

もっと良いプレーができただろうか?もっと得点できただろうか?あぁ、もちろんだ。私はいつも、悪いかたちでの敗戦の後には、その試合を噛みしめることにしている。その戦場に長く留まって、悪いパフォーマンスの重みや批判の重みに見合ったものを受け止めるためにね。

選手たちの態度は素晴らしかったし、非常に堅実だった。この勝ち点3のために本当に懸命に戦ってくれたし、シーズンのこの瞬間に最も重要なのは、可能な限り最高のリーグ順位でフィニッシュするために勝ち点を積み上げることだからね…。