/ジョゼ・モウリーニョがスパーズの監督になることはない理由

ジョゼ・モウリーニョがスパーズの監督になることはない理由

「ほんの数ヶ月前、彼は次の目的地について次のように語っていた」

野心のないクラブには行かないよま。それは私の2番目の決め手なんだ。最優先の私の決め手は、クラブのチーム運営体制への共感だ。私は愛する人たちと一緒に働きたい。一緒に仕事をしたいと思っている人、一緒に仕事ができてうれしいと思ってくれる人、同じ考えを共有している人たちだ。(ジョゼ・モウリーニョ)

「ポチェッティーノとモウリーニョは友人だ。モウリーニョは、友であるアルゼンチン人指揮官がスパーズのチーム戦力を充実させるために苦戦していることをよく知っているだろう。ポチェッティーノとレヴィの関係は、これまでにトッテナムにいた他のどの監督たちよりも親密な関係だが、それでも同じ考えを共有していないポイントが多いとポチェッティーノ自身が認めている」