/ジョゼ・モウリーニョがスパーズの監督になることはない理由

ジョゼ・モウリーニョがスパーズの監督になることはない理由

このところ、スパーズ関連のニュースとしてジョゼ・モウリーニョの将来に関するものが含まれている。

ジョゼ・モウリーニョは、トッテナム・ホットスパーやマンチェスター・ユナイテッドの次期指揮官の候補として伝えられている。

これらの報道は、先週木曜日の朝、シルヴィーニョ監督の後任として監督就任のアプローチをモウリーニョが拒絶したことをリヨンのジャン・ミシェル・オラス会長が公表した後に出回った。

さらにフランスのメディア「RMC」は、モウリーニョの希望は家族が住むロンドンでのイングランド・プレミアリーグへの復帰であることを伝えている。

ここでの問題は「スペシャルワン」がマウリシオ・ポチェッティーノ監督に取って代わることができるかという点になる。

この報道についてFootball.Londonのスパーズの番記者、Alasdair Goldは木曜日にファン向けのQ&Aセッションで、モウリーニョがトッテナムに来ることはないいくつかの理由を述べている。

「私には合点がいかなかったね。ジョゼの名前がここで出始めた。いや、真面目な話、これが(モウリーニョの)ブランディング策の一環であることくらいしか、これほどまで報道が広がる意味が分からないよ」

「まず第一に、ダニエル・レヴィがマウリシオ・ポチェッティーノを後押ししていること。2014年にスパーズにやってきて以来、彼がクラブのためにしてきたことを経て、この困難な時期であってもスパースを託し通すという兆候が感じられることだ」

「モウリーニョは金がかかる。彼の給料だけでも莫大な額になるだろうが、彼が所属チームを優勝できると思うチームに変えるためには、早速1月に巨額の移籍金が必要になるだろう」

「チームに十分な補強費が投じられることがなく、長い論争の後にこのポルトガル人指揮官は昨シーズン中にマンチェスター・ユナイテッドを去ったが、その期間であってもユナイテッドがスパーズをはるかに上回る資金をチーム強化に使っていた」

Tottenham Hotspur