/ジョゼ・モウリーニョ:ウェストハム戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ウェストハム戦を控えての記者会見

Steven Bergwijn celebrates after giving Spurs the lead. (Photo by SHAUN BOTTERILL/POOL/AFP via Getty Images)

スパーズでのステーフェン・ベルフワインの影響力は?

良い選手であり、良いプロフェッショナルであり、良い青年だね。私のクラブの方針を称賛するよ。当初は、これについてはいつも正直に言っているが、冬の移籍が決まった時は、彼は私のファーストチョイスではなかったんだが、最終的には素晴らしい決断だったね。

将来性のある選手で、右でも左でもプレーできる。彼の年齢だけでなく、プロとしての姿勢にも満足している。彼のトレーニングでの姿勢や生き方にね。彼はもっと良くなる可能性のある若者だよ。

これはどちらも負けられない試合ですか?

我々は試合に勝つことだけを考えなければならない。引き分けであっても、我々にとっては良い結果ではない。もし我々がここであきらめるということは、7位以内に入ることを目標にして、ヨーロッパリーグの出場権獲得が成功だということになる。

もし我々が野心を抑えれば、もちろん1ポイントは1ポイントだ。しかし、可能な限りの最大の野望を見据えたなら、我々はここで勝つ必要があるんだ。よって、あとはデイビッド(モイーズ)がこの状況をどう捉えているかだが、今のところ彼らは降格ラインの上にいるが、シーズン最後の数試合で苦しみたくないのであれば、ここでポイントを稼ぐ必要がある。彼らは降格さえ免れることができれば十分だと思うよ

ベルフワインがゴールする直前にあなたは本人に何かを言っていましたが、あなたの手柄でもあったのですか?

手柄という意味では彼の手柄であり、チームの手柄でもある。我々は中盤でセカンドボールを獲得した。ロングボールはすべてマグワイア、リンデレフ、スコット・マクトミネイのような長身選手に支配されてしまうことは分かっていた。

分かっていたが、セカンドボールをよく取り戻せていたし、トランジションが良かったので、彼らは我々を止めるのにとても苦労していたんだ。セカンドボールを奪ったことと彼の個人のアクションを高く評価したい。

彼がここで90分間プレーするのは難しいと思っていた。彼は大きな怪我をして、長い離脱期間を経て、チーム練習も1週間もしていなかった。後半、彼はとてもハードにプレーしていたし、ユナイテッドが前に仕掛ける中で、彼はより守備的なプレーをし、サイドのセルジュ・オーリエを助けようとしてくれた。

だから、90分のプレーが厳しいことは分かっていた。あの試合でルーカスがベンチにいれば、選手を入れ替えてインテンシティ(プレーの強度)を高く保つことができたはずだったんだ。次は我々のベンチに攻撃のオプションが充実するね。