/ジョゼ・モウリーニョ:ニューカッスル戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ニューカッスル戦を控えての記者会見

だから、時には緊張感がないことが、悪い方に向かうこともある。そういったチームはリラックスしていて、何のプレッシャーも感じていない。だから、ニューカッスルやパレスを見ていると、質の高い2つのチームであり、プレミアリーグで最も経験豊富な監督を擁する2つのチームだ。となれば我々にとって非常に難しい2つの試合が見えてくるんだよ。

ベン・デイヴィスはアーセナル戦のようなシュートをトレーニングでは頻繁に狙っていたでしょうか?

素晴らしいセーブだったね。マルティネスのアメージングなセーブだったと思うよ。正直に言うと、マルティネスはとても良いプレーをしていたし、あの素晴らしいセーブは素晴らかったんだが、シュートはファンタスティックだったよ。

私にとっては正直ちょっとしたサプライズだったんだ。ベンがこんなも上手にシュートが打てる左ウインガー、左ウイングバック、フルバックとは思わなかったよ。私が気に入っているのは、彼ならばどのレベルのパフォーマンスをしてくれるかが常に分かることだ。とても安定していて、コンパクトなので、そういう感覚を持たせてくれるのが私は好きなんだよ。

彼はよく前に出ていくし、クロスをあげるのも上手いし、あのシュートは彼のキャリア最高のゴールになっていたかもしれないね。

FFPが終わったということは、シティ、リバプール、ユナイテッド、チェルシーのような金持ちクラブだけがリーグを制覇でき、トッテナムのようなチームは現実的に厳しくなるということだろうか?

私はそうは言いたくない。それは言いたくないね。