/ジョゼ・モウリーニョ:ニューカッスル戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ニューカッスル戦を控えての記者会見

なぜセント・ジェームズ・パークでの戦績は悪いのですか?

さあ、なんでだろうね。知らんがな。カップ戦で勝ったことはある。延長戦までもつれ込んで、フランク・ランパードのゴールでね。そのカップ戦では優勝したんだよ。

それ以外には、引き分けや敗戦を何度か経験している。どうだろうね。私はそこに行くのが大好きだ。ファンのいない今回は、それほど好きにはなれないだろうけどね。でも、私はあそこに行くのが大好きだし、彼らがいつも持っているような素晴らしい雰囲気を感じることができる。大きなチームがあそこに行くと、ニューカッスルのファンが特別な形でチームを応援しているのはごく普通のことだと思うよ。

本当によくわからないんだけど、そういうこともあるんだ。例えばアーセナル戦のように、私が信じられないような記録を残している相手もいるし、アウェイでのニューカッスル戦のように何かの理由でね…。でも、私は気にしないよ。気にならないね。それは私に影響を与えることはない。私のこれまでの記録のせいで、明日は勝てないと思っているわけではないし、ただのネガティブな記録だよ。本当にどうでもいいんだ。

スパーズはFFPがないと勝てないのか?

スパーズはスパーズであり、多くの点において正しいはずのメンタリティを持っているスパーズが簡単に変わるとは思えない。私はここでの考え方に満足しているし、私にとってはそれだけだ。

すでに意味がないので、「フィナンシャル・フェア(財務の公平)」というものは終わりになると思うし、私の心の中でははっきりしているので、繰り返しになるが、それだけだよ。もしシティが有罪でなければ、その決定は恥ずべきことだ。シティが有罪であれば、その決定もまた恥ずべきなものなんだ。

FFPが必要なのか?

これまでの方法であるなら、ノー(不要)だ。