/ジョゼ・モウリーニョ:ニューカッスル戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ニューカッスル戦を控えての記者会見

アーセナルを相手に大きな勝利を飾りましたが、あれがターニング・ポイントになる可能性はありますか?

例えば、Skyが試合後のドレッシングルームの映像を数分間流していた。私はそれを見ていて、あれは幸せな勝利であったが、(ドレッシングルーム内は)とても落ち着いていて、本当にナイスだと思ったよ。ただのダービーで、重要な3ポイントを獲っただけなので、ハチャメチャになってお祝いする理由はないし、我々はそうはしなかった。

私はこれがロンドンのダービーで、ノースロンドンのダービーで、相手がアーセナルだったことをよく分かっている。そして、我々は試合中にも見せたが、これからニューカッスルに出向いて負けてしまってはその意味は薄れてしまうんだよ。

我々は大丈夫だ。もちろんいい気分だった。悪い結果を出した後よりも、良い結果を出した後の方が疲労回復が良いといつも感じているが、今回も我々は対戦相手(ニューカッスル)よりも試合の間隔が短いことになる。でも、やってやるさ。

マンチェスター・シティへの処分に対する思いは?

順位表や順位、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場権において、5位で終わってしまうと、普通は5位になってもチャンピオンズリーグには出場できないんだが私はそこを見据えてはいない。だから、5位でフィニッシュしても、チャンピオンズリーグには出れないってことになる。チェルシー、ユナイテッド、ウルブズ、レスターは、5位を狙ってはいないだろうし、ヨーロッパリーグを戦うチームが6位や7位や8位を狙っていないのと同じだよ。

そのレベルでは、ノーコメントだ。ただの順位表だ。今回の決定に関して言えば、いずれにしても恥ずべき決定だね。マン・シティが無罪ならば、数百万ポンドの罰金を受けるのは恥ずべきだろう。無罪であれば罰せられることはない。逆に言えば、有罪であれば追放されるべきだ。ということで、これも恥ずべき決定だね。いずれにしても最悪だよ。