/ジョゼ・モウリーニョ:ランパードにはタイトルへのプレッシャーが無い

ジョゼ・モウリーニョ:ランパードにはタイトルへのプレッシャーが無い

ジョゼ・モウリーニョは、フランク・ランパードがかつての自分と同様に大きな資金的なサポートを受けているにもかかわらず、かつての自分ほどのプレッシャーに直面していないと感じている。

ランパードは就任後の最初のシーズンにチェルシーを4位に導き、その功績は多くの称賛を受けた。

しかし、ベスト4入りを果たした後のこの夏に2億5000万ポンドもの巨額の補強費を投じたにもかかわらず、今シーズンのランパードがチェルシーをプレミアリーグの栄冠に導くことはほとんど期待されていない。

かつて3度のリーグ・タイトルを獲得したモウリーニョは、チェルシーで常にその要求に晒されていたのだが…。

以前所属していたもう一つのプレミアリーグのクラブであるマンチェスター・ユナイテッドについてもモウリーニョは同じことを感じているようで、オーレ・グンナー・スールシャールもまた、リーグ・タイトルへの挑戦は期待されていないようだ。

リーグ首位で今週末を迎えたスパーズだが、モウリーニョはまたもや自分のチームがタイトル獲得の期待において注目の的になっていることに、フェアではないと考えている。

モウリーニョは次のように語る。

「私がそれらのクラブ(チェルシーとユナイテッド)にいた時には、私への大きなプレッシャーがあり、今はこれらのチームの監督への大きなプレッシャーはないんじゃないかと感じている」

「彼らにも少しでもいいからそのプレッシャーをかけて、我々の仕事を平穏にし、仕事をやりやすくしてもらいたいものだな」