/ジョゼ・モウリーニョ:LASK戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:LASK戦の後の記者会見

パフォーマンスについて感想は?

いまいちだね。パフォーマンスよりも良い結果になったよ。前半よりも後半の方が良かった。何人かの選手は非常に良いパフォーマンスをしていたな。パフォーマンスが非常に悪かった選手もいたよ。試合から得た唯一のポジティブなことは、もちろん、我々がグループ突破を決めたことと、アントワープに勝てば首位でグループステージを終えるチャンスがあるということだ。

何か学びはありましたか?

特に新しいことはないよ。ヨーロッパリーグのグループ戦では、何人かの選手のモチベーションが上がらないことは分かっていた。何人かの選手は我々チームにとって基盤となる存在であり、どのような状況でもピッチ上に彼らのようなチームのバランスを整えてくれる選手が数人は必要だと思っている。

例えば、ホイヴィアとソニーだが、彼らがいなければ良い結果は得られなかっただろうね。今回、私が学んだことは何もないよ。

選手たちもそれを知っているし、私は彼らに自分の気持ちを共有している。私はいつもは正しいんだ。試合前のウォーミングアップを見たとき、私はそれを感じていたんだ。相手チームの選手たちのウォーミングアップと我々の選手たちのウォーミングアップでは、その強度やコミュニケーション、熱意に大きな違いがあったんだが、それを試合前に選手たちにも伝えていたんだ。何も驚くことはないよ。

ギャレス・ベイルは期待するフィットネスレベルにどれほど近づいているのか?

あなたは試合を見たのだろう。残り10分か15分で彼を交代したのは、終盤に彼ができたであろう2〜3度の快走をセーブするためだった。だから、今この瞬間に彼がクオリティを存分に発揮して90分間プレーできる、と断言していいだろう。

彼はポジティブな部分をたくさん持っているし、もちろん、改善しなければならない部分もある。