/ジョゼ・モウリーニョ:エバートン戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:エバートン戦の後の記者会見

松葉杖をついてスタジアムを後にしたのか?明日にスキャン検査をするのか?

松葉杖をついてはいないと思うが、よくわからない。だが、選手たちがドレッシングルームに到着したときにもうそこを去っていた。私はそこでチームメイトに軽く挨拶をして、それからこの記者会見に向かったんだ。もし彼が松葉杖をついていたのなら、それは用心のためであり、安全のためだろう。私にはわからんがね。

あなたのチーム編成の変更に選手たちはうまく対応したと思いますか?

チーム編成の変更ではないよ。システムの問題ではないんだ。我々が以前に使っていたシステムであり、多くのチームが使っているシステムでもある。エバートンが4-4-2で守っていながら、3人(のセンターバック)と2人のウイングバックで戦っていたのを見てもわかるように、そういうシステムなんだ。

システムの問題ではないと思うが、結果は悪くもなく良くもないものだと思う。我々は完璧だったか?ノーだ。我々は悪かったか?それもノーだよ。

今日、カルロス・ヴィニシウスをメンバーから外した理由についてですが、怪我でしょうか?

そこは戦術的な決定だ。我々はピッチ上に2人のストライカーを配置した。

デレがいて、ギャレス・ベイルがいて、ラメラとルーカスがいて、最終的にはこの2人の機動力のあるポジションに入ることになり、カルロスを外すことにしたが、怪我ではない。怪我はたった2人、ドハティとベン・デイヴィスだ。あと、今はハリー・ケインだな。