/ジョゼ・モウリーニョ:エバートン戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:エバートン戦の後の記者会見

2つの失点がサイドからの攻撃で生まれたことに失望しましたか?

私はあなたの考えに共感できない。あれ(1失点目)はPKからだった。起点は無かったよ。2失点目は、私のベンチの反対側だったから、もしかしたら間違っているかもしれないが、まだ入ったばかりでフレッシュなコールマンがウイングバックの後ろに回り込んでクロスを上げ、中盤から飛び出した選手(シグルズソン)がゴールした。これがベンチから観た見解だ。

マイケル・オリヴァーは、今シーズンのスパーズ戦で相手に8つのPKの判定をしていますが?

抗議しないということは、褒めるべきことであり、ネガティブに考えるべきことではないと思うよ。少なくとも、我々がフットボールの統括団体とのミーティングで毎回やってることだが、試合前には必ずキャプテンとコーチが『レフェリーを囲むな』と言い聞かせている。レフリーに判定を委ねるんだ。

それに加えて、我々は『VARとは何か?』ということを実感し始めている。VARがレフリーの判定に逆らうことは非常に難しいと感じている。彼らはお互いに衝突することを好まない。VARからはレフリーに『さあ、見直してくれ』と言うのが最大の目的で、レフリーに逆らうことはしない。だから、ミスター・オリヴァーがあれほどのスピードでペナルティ・スポットを指差したのであれば、私はあまり抗議をする意味がないと思ったんだよ。

ハリー・ケインの負傷について教えてください…

わからないよ。あまり話せることはない。憶測を呼びたくないし、何も言わずに愚かしくも楽観的になりたくもない。

今回の問題が、次の試合かその次のファイナルでの出場を阻むことになるのかはわからない。現時点では何もわからないんだ。明日になれば、どういった具合かを診ることになるだろう。ハリーについてのより詳細な情報、診断の結果を伝えるのは、おそらく火曜日のサウサンプトンの前の記者会見が適切なタイミングだな。