/ジョゼ・モウリーニョ:ミドルスブラ戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ミドルスブラ戦を控えての記者会見

彼のクラブへの専念度について心配はしているか?

どうして?

リバプール戦で彼はベストのパフォーマンスを示したのだろうか?

そうだね。一つにはベストのパフォーマンスをしなかった。それがクリスチャン・エリクセンだ。世界中の本当に多くの選手たちは、様々な理由で、他の者たちより良いシーズンを送り、良い試合をしているだろう。

あれが最高のクリスチャン・エリクセンかと聞かれれば、正直に「ノー」と言うしかないよ。なぜか分かるか?と聞くのなら、私は馬鹿じゃないし長年フットボールの世界におり、こういう状況下の選手は例え自身で上手くやろうと望んでいてすら、そうはいかないんだ。私は彼を責めたり批判したりしているわけではない。ただ、こういう状況下の選手が最高のレベルのパフォーマンスはできないのは普通のことだと言っているんだ。だが、それでも彼が我々と一緒に戦っているときにはチームに貢献していると言える。

エリクセンのパフォーマンスはポジティブだったし、ポジティブに貢献した。オリンピアコス戦を思い出してみよう。我々が勝ち抜けるのに鍵となる試合だった。2-0で負けていたところで彼が交代出場し、我々に勝利をもたらした。

ノリッチ戦もまた同様だ。とても良いパフォーマンスだった。私の思っていることはおそらくあなたたちの、そしておそらくファンも試合中に同じことを考えただろう。リバプール戦では非常に良いと言えるパフォーマンスではなかった。それには同意するよ。

エリクセンは気持ちを固めたのかをあなたは知っているか?

イエス、知っているよ。

それがパフォーマンスに影響しているのか? 1月以降もここにいるのだろうか?

それに関しては何も言うつもりはないよ。どうだろうね。だが彼の将来は分かっている。はっきりと分かっていると思うよ。だがそれについて話すのは私じゃない。彼だけがそうするんだ。今この時点では彼は私の選手だ。繰り返すが、我々には出場可能なのに計算に入れない選手など考えている状況にはないんだ。多くの選手がいるわけじゃない。どの選手も必要なんだ。それだけだ。