/ジョゼ・モウリーニョ:RBライプツィヒ戦(2nd leg)の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:RBライプツィヒ戦(2nd leg)の後の記者会見

メンタリティが十分ではなかったとデレ・アリは言ったが、選手がそのような状態で許容できるのか?

選手次第だ。チャンピオンズリーグでの初めての試合を経験したタンガンガや、2度目の経験となったセセニョンのような選手たちには、彼らがこの試合で貢献してくれた以上のことは期待できないと思っている。チームのメンタリティもこのチーム戦力の結果だと思うよ。

パワフルだと感じればメンタリティが大きくなるだろうし、自尊心が高まる。例えば、ゴールを決めるのがとても難しいと感じていれば、自尊心を低くなり、自信も落ちてしまう。ミスをしたら失点のリスクが大きいと思えば、非常に難しい状況に追い詰められるんだ。

だが、デレがそのように考えているのなら良いことだと思うね。彼は自己分析に長けていて、自分自身を省みることができるんだ。彼は自分自身を分析することができ、選手としては驚くべき特性でもある。すべての選手が自己分析ができたほうがいい。彼がそう分析したのなら、彼にとってとても良いことだろうね。


来シーズン、このチャンピオンズリーグの舞台に戻ってこれるか?

現時点では、チームは非常に困難な状況に向かっている。これらの問題は、今日、明日に消えるものではない。だが、戦わなければならない試合が控えており、そのピッチに立たなければならないんだ。プレミアリーグの試合は、最後まで戦いが続いていくよ。