/ジョゼ・モウリーニョ:リバプール戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:リバプール戦を控えての記者会見

たくさんのゴールを期待してますか?

彼らは簡単にゴールできないオールド・トラフォードで2ゴールを決めているし、もっと多くのゴールを決められるかもしれない。彼らは多くのチャンスを作っている。あなたの言う通り、彼らにはトップクラスのアタッカーがいるが、ゴールを決めるかどうかはともかく、彼らはすべての試合でチャンスを作っている。だから、チャンスを作ってトップクラスの選手がいれば、ゴールに近づくことができる。もちろん、我々は普段からよく組織化されているチームだし、彼らが簡単な試合をできるとは思わないよ。

12月に対戦した時と比べて、リバプールの調子がスパーズのアドバンテージになりますか?

いや、そんなことは全く感じていないよ。リバプールとの戦いは、リバプールとの戦いであり、すべてのコンテキストから独立したものだ。アドバンテージだとは感じていないし、デメリットだとも感じていない。シンプルな話だ。

これまで関わってきたプレミアリーグの中で、最も熾烈なシーズンだと感じていますか?

そう見えるだろ?スタッツやデータを見て振り返ってみると、簡単にわかることだよ。私はそう感じている。あるチームが2連敗して、順位表を見たときはひどいシーズンに見えても、また別のあるチームが2勝して上がってきたときには、そのシーズンは驚異的に思えるんだ。

プレーしてプレーして、とにかく戦い抜いて、シーズンが終わるのを待つのが一番だと思うよ。シーズンの終わりに順位表を見て、そこで自分たちがどの順位で終わったのかを知ることができる。なぜなら、未消化試合でわけがわからなくなっているからだよ。我々の場合、リバプールとはこれで2回対戦し、アストンビラとは対戦していない。まったく不思議なことだが、最後まで待つことにしよう。

タンギ・エンドンベレはどれほど進化しましたか?

彼の責任でだよ。我々は常に彼に正しい道を示し、彼に多くを要求してきた。もし私が彼に何かプラスになることをしていたとしたら、それは彼がプレーするための十分なコンディションにないときに彼にプレーさせないことだったと信じている。昨シーズンのいくつかの試合では、彼の脆さを露呈させてしまったと思う。たとえば彼のフィジカル・コンディションは良いものではなかったが、それも含め常に彼の責任である。

非常にハードなトレーニングをして、ボールを持っても持っていなくても非常にハードなプレーをしてくれている。戦術的にチームが彼に何を求めているかを理解している。彼は素晴らしい心持ちで、とてもポジティブに感じている。それも彼の責任なんだよ。