/ジョゼ・モウリーニョ:ノリッチ戦(FAカップ)の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ノリッチ戦(FAカップ)の後の記者会見

久々にミッシェル・フォルムが出場したが、あの失点までは良いプレーだった?

それもフットボールさ。それもフットボールなんだよ。今日、チームはとても良い守備をしたと思うよ。我々はとても堅実だった。とてもコンパクトでね。大きな困難のなかでも、選手たちはそれぞれのクオリティを発揮してとても堅実に戦ったよ。クリーンシートまであと一歩だった。試合をコントロールしていたよ。もちろん、時に周りから私の決断を理解してもらえないこともあるが、彼らはチーム内で何が起こっているのかわかっていないんだ。ルーカスとベルフワインは「これ以上やったら負傷してしまうからすぐに変えてくれ」と私に言ったんだよ。

だからスコアが1-0になった瞬間に彼らを外す必要があったんだが、実際に起こってしまったようなリスクは常に付きまとうんだ。

それからもちろん、ミシェルに私が腹を立てることはないよ。ミシェルはアンビリーバブルな男で、経験豊富なベテランだからね。もちろんあれはミシェルのミスだ。我々はその事実から逃げることはできないが、みんなで一致団結していくよ。

あのゴール、あのミスの後、ノリッチを尊重してるし、彼らを批判するつもりは無いが、90分間で勝利に近かったのは我々のチームだ。セルジュのシュートがポストを叩いたが、私のめには入っているように見えたね。延長戦になると疲労困憊だった。今回もラメラは15分間のプレーを想定していたが、60分間もプレーして見事なパフォーマンスだったよ。

ジオバニ(ロチェルソ)はとてもよくやったし、ジェドソンもゴールに迫る決定機があった。できることのすべてをやってくれたよ。90分と延長戦で我々は勝利に値したと思う。PK戦はPK戦だが、彼らはゴールを決めたし、おめでとうと言いたいね。