/ジョゼ・モウリーニョ:エバートン戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:エバートン戦の後の記者会見

プレシーズンに参加できなかった選手たちにプレシーズンを過ごさせることはできないが、これから立て続けに試合が組まれているので、ただ勝つためだけに試合をするのではなく、これらの試合を使わなければならない。ノックアウトの試合は、120分を掛けても、PK戦までもつれ込んでもそこで試合を決することになる。何人かの選手は本当に課題を抱えているので、そういった試合を使ってフォームを改善していくよ。

ありえないような状況に置かれていたドハティに注目してみるよ。彼にはプレシーズンがなかった。休暇を終えて、(スパーズ加入後に)すぐに代表チームで試合に出ていた。プレシーズンは全くなかったんだ。いきなり代表に合流して1回もトレーニングをせずに2試合連続でプレーしていた。今日のマット・ドハティは本来の姿ではなかったんだ。

だから、こういったことが我々に起こる可能性があることはわかっていたよ。

デレ・アリを外したのは負傷が理由か?それとも戦術的な理由か?

そうだね、ディフェンダーの前に一人の選手だけでプレーしていたんだ。ゴメスとドゥクレは、高い位置まで上がってウィンクスとホジェベリにプレスをかけていた。(デレ・アリの周りには)スペースがたくさんあって、アランの周りのそのエリアでプレーするのは簡単だった。

そのエリアでもっと創造性が必要だと感じた。ルーカスはプレシーズンでとても充実していた選手の一人だったし、フィジカル面でも優れていた。

そのエリアでデュエル(1対1)を仕掛けて勝てることを見せてくれていた選手だったので、ルーカスをそのポジションに変更することにした。

Amazonドキュメンタリーの第1話でのメッセージは第9話(最終話)と同じで、「選手たちは優しすぎる」というものでしたが、何か新しいメッセージはありますか?

それとは全く関係ないよ。私にとっては、そこがポイントでないんだ。私はそのAmazonの話には満足しているし、今、私たちは皆との親密さの中で働くことができているし、その親密さの中で働けるのは昨シーズンを通して欠けていた特権なんだ。