/ジョゼ・モウリーニョ:チェルシー戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:チェルシー戦を控えての記者会見

トビー・アルデルヴァイレルトが契約更新に嬉しいか?

イエス。グレートなニュースだ。クラブとしてもハッピーだし、トビーもハッピーだ。サポーターたちもハッピーだと信じているよ。とても良いニュースだ。本当に良いね。

モウリーニョ効果が話題だが、この契約延長に影響を与えた?

ほとんどないね。影響はほとんど無いと思うよ。(クラブ公式のウェブサイトで)彼のコメントを読んだが、目に飛び込んできたのが「他のところででこれ以上にハッピーでいることなんて不可能だよ」という言葉だったね。これは根幹の問題だ。彼はここを愛しているんだ。いつでもここでハッピーだったんだ。これからもっと良くなると信じているのさ。契約を結んで、彼はこれ以上ないくらいに満足しているよ。

彼(の契約)にほんの少し影響したんだとしたら、私が彼を信頼しているという事実かな。彼はチームに大いに影響を及ぼすことができるんだ。私が就任してから彼は毎試合、フルにプレーしている。いい感じだろう。6試合フルにだ。私にとって大事なのは彼のここ言葉だね。

「他ではこんなにハッピーにはなれない」

この契約延長が周りの選手の契約交渉にドミノ効果を及ぼすか?

ドミノ効果ではないと思うよ。それぞれの選手は違った状況にあるんだ。契約の最終年の選手がその契約を更新するとしたら、それは様々な要求が融合した結果だろう。クラブの、監督の、選手の、エージェントの、ひいては家族や友人たちの。そうした様々な要求が一つになった結果だよ。トビーの場合はその要求が、他の関係者全員のものと同時に現れたんだ。その結果だよ。トビーは契約し、我々と一緒に留まるんだ。

チェルシー戦だが「かつて率いたクラブとの対戦」というプレッシャーから逃れられるか?

イエス、もちろんだよ。他の人は知らないが私は大丈夫だ。私にとっては試合が全てなんだ。私は100%トッテナムだよ。いつも100%自分のクラブの人間さ。キャリアを通してね。以前のクラブが入り込む余地はない。かつては全てを彼らに捧げた。全てをね。今は彼らから得たものは何も持っていないよ。全てを捧げたが、それは過去のクラブだ。今は私のクラブに全てを捧げている。私のクラブはトッテナムだ。この試合を戦うことは、私にとってはそれほど簡単なことなんだ。チェルシーはクオリティのあるチームだから、その意味では難しい試合になる。が、感情面では難しいことなんてないよ。全くだ。簡単なことさ。