/ジョゼ・モウリーニョ:ミドルスブラ戦(再試合)の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ミドルスブラ戦(再試合)の後の記者会見

2人のアルゼンチン人がFAカップで活躍したのは遥か昔の話だが、今日、ロチェルソとラメラへの思いは?

彼らをアルディレスとヴィラと呼べばいいのかな? ノー。彼らは非常に良いプレーをしたよ。アルディレスとヴィラも彼らを恥じることは無いほどにね。彼らはとても上手にプレーした。チームは、特に前半には非常に良いプレーだったね。

後半も立ち上がりは良かったが、ずさんな対応によって相手に試合への望み感じさせてしまった。ジョナサン(ウッドゲート監督)は眠ってはいなかったよ。目を見開いて、試合の流れを読んでいた。フレッチャーをジェストゥードに並べて、ロング・ボールを放り込み、そのセカンドボールを狙ってきた。

そしてゴールを決め、我々は守勢に回らなければならなくなった。しかし、試合の大半は我々のエネルギーが満ちていた。より多くのゴ​​ールを決めて、このカップ戦の一戦を決めきるべきだったね。

しかし、私はラメラとジオに満足しているよ。ラメラは長い間離脱していたが、一歩ずつ戻ってきている。ここ(前回のミドルスブラ戦)で20分、リバプール戦で30分、ここで90分間をプレーした。彼のフィットネスが戻ってきているのを見定めることができたよ。

そしてジオもまた一歩一歩進んでいる。彼はリバプール戦で卓越していたし、ここでも非常に優れていた。私は選手たちに満足しているよ。彼らは激しくプレーした。そして、私は明らかにこの結果に満足してるよ。

タンガンガをより攻撃的な役割にしたのは?

あなたが私を分析することは重要なことだと思うよ。彼を分析した結果、彼は今回のポジションにしたんだ。プレミアリーグでのデビュー、FAカップでのデビューと、2つのフル出場をさせた。

それが私が選手への愛着を表現する方法だよ。彼らは、出場機会への道筋を作ろうとする現代の哲学についてなど考えていない。この年齢では、プレー、プレー、プレーであって、出場の機会を待っているんだ。

私にとって、これはクラブの若い選手たちへのメッセージなんだ。道はプレーすることであり、プレーであり、プレーなんだ。そして、適切な瞬間が到来したら、プレーの準備ができていることを証明しないとね。

ボロがジェストゥードへロングボールを放り込んできたが、守備の対応はどうだった?

ジェストゥードだけでなく、彼とフレッチャーだった。2人の空中戦に強い男が並び、どんな守備に対しても問題を引き起こすプレーのスタイルだったよ。「空中に浮かんだボールは、プレスを掛けても押し戻せない」と私はいつも口にしている。ロング・ボールを止める必要はあるが、そのためには前線ラインを上げる必要がある。

彼らは疲労が溜まった時間帯にそれを繰り出してきた。ジオバニ(ロチェルソ)、ラメラ、エリクセンがやや後退したところで、それをやってきたんだ。ボックスにロング・ボールが放り込まれたが、すべてのセットプレーに我々は非常にうまく対処していた。かなりの数のコーナーと横からのフリーキックがあったが、うまく対処したよ。

彼らが得点した状況は、私が間違っていなければエリア外からだったと思うが、サヴィルの利き足ではない方の足からだった。そこから最後の10分間、彼らは息を吹き返し、立派に戦ったよ。

スパーズ公式グッズの送料無料キャンペーンのご紹介

送料無料の条件:120ポンド(約14000円)以上の購入
おすすめグッズ
✅NIKE OPTIC ZIP HOODIE 2018/19 ¥6,000 / Joggers 2018/19 ¥5,200
昨季選手がスタジアムに移動する際に着用されたウェア。テーパードの効いた綺麗なシルエットながら着心地も良く、シンプルなデザインでシチュエーションを選ばない。身長が170cmくらいであればSサイズがベスト。
(下の画像をクリックしてSpurs公式ショップへ)

↓Joggers(スウェットパンツ)はこちらのリンクから↓ NVY XL NK OPTIC JOGGER 2018/19