/ジョゼ・モウリーニョ:RBライプツィヒ戦(2nd Leg)を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:RBライプツィヒ戦(2nd Leg)を控えての記者会見

デレ・アリは最前線でプレーできる?

デレはバーンリー戦でとても良いプレーをしたと思うよ。繰り返すが、わかりきったことだ。ルーカスとデレ・アリがいて、ラメラにはクエッションマークが灯り、セセニョンは負傷明けだ。この4人が我々のアタッカー陣で、他にはいない。簡単ではないが、これで挑むよ。


クラブのモットーは「to dare is to do(挑戦なくして成功なし)」だが、それを信じ抜くか?

私は毎日それを読み上げている。トレーニング・センターの至る所に書かれているからね。私は長年フットボールに携わっているので、私の原則が何であるか、私の哲学、私が愛しているもの、嫌いなものを十分に知っているつもりだ。イエス。今こそ、「to dare is to do」だと感じている。明日は我々のすべてを出し切る時だ。ピッチ上の選手たちがすべてを勝ち取るか、失うかのどちらかだよ。


ジョゼ・モウリーニョからは連想できないことだが、もっとリスクを冒す必要があるか?

多くのリスクを冒して、何かを勝ち取れるのか? リスクを冒して勝てればいいが、負けては意味がない。明日、勝つためにリスクを冒すか? イエス、オフコースだ。