/ジョゼ・モウリーニョ:シティ戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:シティ戦の後の記者会見

あなたは実戦から離れていた期間に「あのアドレナリンが恋しい」と言っていたが、まさにこのような試合か?

ノー、私はフットボールが大好きだ。 VARが大好きになるとすら思っていた。それが私の最初の気持ちだった。真実が尊重されることが大好きだ。あなたの同僚が3分間プレーすることを求めていて、3分後にVARによってPKが与えられ、PKであることが真実であれば問題はないよ。 10分だって待ってもいいさ。真実を望んでいるだけだよ。

ゴールライン・テクノロジーが好きなように、VARのことも好きになると思っていたよ。たとえワトフォード戦のよ​​うに、1インチのために試合に勝たなかったとしても、あの判定に間違いはないのでゴールライン・テクノロジーが大好きだ。しかし、VARにはミスが多すぎるな。