/ジョゼ・モウリーニョ:シティ戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:シティ戦の後の記者会見

スターリングは2回目のイエローでも退場になるべきだった?

わからないよ。試合開始直後に一発でレッドカードになるべきだったことはわかっている。マイク・ディーン主審には難しい仕事があることは知っているよ。彼はピッチにいて、時速200マイルで動いているんだ。とても難しいから、誰も審判になりたくないだろう。時々、トレーニング・セッションで審判を試しにやってみると、どれだけ難しいかがわかる。マイク・ディーンは、私にとって良いパフォーマンスだった。問題はVARだな。

これでチェルシーと4ポイント差だがトップ4の課題は何?

チェルシーからは4ポイントだが、シェフィールドまでは1ポイント、ユナイテッドまでは2ポイント、ウォルブスまでは2ポイントだ。だから我々は上を見上げながら、下を見下ろす。私はチームに目を向け、怪我した選手やその他の問題を抱えたチーム戦力と向かい合うよ。これから大変になるな。これからデレ・アリを失ったとしたら、我々が想像できないことだ。わからないよ。

選手たちは素晴らしかった。彼らが今回見せてくれたように、彼らはすべてを出し切る準備ができているが、本当のところは私もわからない。レッツゴーだ。一試合、一試合ね。次もまた難しい試合だよ。2日後にはFAカップだ。どうなるかね。それでも選手たちにも、それにファンにも私は満足しているよ。

アリの足首への衝撃は問題だったか?

あぁ。あの瞬間から、彼は「ピッチにとどまるべきかどうか?」を悩んでいたよ。ハーフタイムにもその議論をしていたし、後半の初めにも同じ議論をして、そして自分が続けられないことに彼自身は気付いたんだ。