/ジョゼ・モウリーニョ:シティ戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:シティ戦の後の記者会見

スティーフェン・ベルフワインのデビューとゴールの感想は?

とても良いパフォーマンスで、あのデビュー戦ゴールはご褒美だったね。ゴールとは関係なく、彼のパフォーマンスはとても良かったしとても堅実だった。とても成熟していたよ。

今週、彼は一生懸命にトレーニングに打ち込んでいた。火曜日に我々に合流し、そこから彼はまるまる一週間を過ごして、我々が彼に何を望んでいるかをできる限り早く理解しようと努力していたよ。

カイル・ウォーカーのような難しい相手に対して非常に堅実なパフォーマンスだったが、他のゾーンにも顔を出して、シティに何度か問題を起こそうとして、十分に賢い立ち回りだった。

とても良いパフォーマンスだ。また、彼のポジションとしての守備の面をよく認識し、ゾーンを守って、スペースをカバーしていた。とてもとても良かったし、もちろんゴールは素晴らしいゴールだった。我々にとってとても重要なゴールだったよ。

今日はタイトルがリバプールに決まった日か?

11月の初めに感じていたし、3シーズン連続でリーグ・タイトルを獲得することがどれほど難しいかを知っているよ。困難で厳しいものだが、彼らはまだまだ素晴らしいチームだ。素晴らしいチームに素晴らしい選手、そして素晴らしい監督が揃っている。

それだけに我々が彼らを倒したことはとても良いことなんだ。順位の上では、2連敗すればほとんど降格ゾーンに落ちるし、2連勝すれば奮起する。それだけに我々にとってとても重要な結果だね。

前半にVARによってPKの判定が下されたが、プレーがどこまで続くかを明確にしたい?

ボールが外に出ていたかどうかを確認してたんだが、出ていなかったんだ。ボールが3分間でも、はたまた10分間もピッチから外に出ない場合は、プレーを続ける必要がある。その後、判定が下されるが、正しい判定だ。間違った判定ではないよ。ボールがインプレーで続けば続くほど、VARが何度も何度も何度でも見直す時間が長くなっていく。

それが正しい決定を下された理由でもあるが、この試合自体はまず間違った判定から始まった。あれはレッドカードであり、スターリングは一発退場だ。