/ジョゼ・モウリーニョ:ウェストハム戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ウェストハム戦の後の記者会見

あれだけ前半のパフォーマンスが良かっただけに、悔しさはどれほどでしょうか?

私がどれだけイライラしているか、選手たちがどれだけイライラしているかは想像できると思うが、それがフットボールなんだ。残念ながら、我々にとってはネガティブな意味でのフットボールであり、相手にとってはポジティブな意味でのフットボールになるが、それがフットボールなんだよ。

私にとっては、我々を批判するよりも相手を褒める方が簡単だ。今の自分の気持ちをぶちまけるよりも、内面的に分析して選手たちと話し合う方が簡単なんだ。

私は相手チームが信じられないほどの信念を持っていたと語る方が良いと思うし、おそらく彼らはその信念を持っていなかった状態であの最初のゴールを決めたのだろう。

この試合のあの瞬間の出来事を振り返ると、ウィンクスがピッチに立ったことでチームは本来の安定感を取り戻した。我々は非常に盤石だったし、試合をコントロールできていた。そこで最初の失点が決まってから、すべてが変わってしまった。

我々は最後の10分間に対応するのに十分ではなく、屈強さも足りなかった。