/ジョゼ・モウリーニョ:ギャレス・ベイル本人が望むポジションで起用する

ジョゼ・モウリーニョ:ギャレス・ベイル本人が望むポジションで起用する

「進化とともに、優れた選手たちと取り組んでいくことだ。時に我々はチームがどれほど優れているかを語りながら、そもそも選手たちがとても優れていればチームが良くなるのは当たり前だってことを言い忘れてしまう。 私はそれを言い忘れないよ。そんなことをしたらチームの弱体化につながる。選手に自分たちを表現させるのを止めてしまうようなものだ」

「私は選手たちが自分を表現するのを止めたくない。私の選手たちには、電車のようなプレーをして欲しくないんだ。電車は常にレールの上を走るもので、私の選手たちにはレールの上を走る電車のようなプレーをして欲しくない」

「私は、チームが進化に向かっているところで選手たちに自由を感じてほしいと思っている。ハリー、ベイル、ベルフワイン、ルーカス、ソン、ラメラ、そしてロチェルソやデレ・アリや誰であろうと、そうでなければならない」

「ハリーにはピッチ上でとてもハッピーになってもらいたい。それが私の望みだよ」

モウリーニョのトロフィーに彩られた経歴のなかで、トッテナムでのチャレンジはこれまでとは異なり、一歩後退したところからスタートしている。

しかし、モウリーニョが新たに組み立てたチーム戦力の実力は、「かつてのモウリーニョ」に戻るチャンスを与えてくれるのだろうか?

「私はそれについて心配していないよ。私はトッテナムについて心配しているのであって、私自身のことはどうでもいいんだ」

「トッテナムは進化を必要としているし、これまでの時代を終わらせる必要がある。できることならそれを私がここにいるうちに成し遂げたいが、私ができなかったとしても、私はそのために貢献したいと思ってるよ」