/ジョゼ・モウリーニョ:ロコモティフ・プロヴディフ戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ロコモティフ・プロヴディフ戦を控えての記者会見

相手チームについての情報とブルガリアでの試合に期待していることは?

ロコモティフ・プロヴディフもトッテナムもこの組合せ抽選の結果は非常に不運だったと思う。ロコモティフは我々よりもずっと簡単な相手と対戦することができたし、我々ももっと簡単な相手と対戦することができた。シード入りしているチームとしては、トッテナムよりもはるかにはるかに簡単な対戦カードがあっただろうし、シード外のチームとしては、ロコモティフよりもはるかにポテンシャルの低いチームがたくさんあったからね。

我々はどちらも難しい立場にいる。2試合ではなく1試合だけだし、2試合あれば状況は違ってくる。1試合、1つの決断、すべてが明日には決まっているので、難しい試合だと思うし、我々は彼らに相応のリスペクトをして戦いに挑みたいと思っている。

勝っても負けても、インかアウトか、黒か白か、他に選択肢はないということを理解した上で試合に臨むよ。次のラウンドに出るつもりで戦うさ。チームを成長させ、制覇するに良い大会だと思っている。

新加入選手はチーム戦力に何をもたらすのでしょうか?

チーム戦力はパズルのようなものだ。新しい選手がパズルを完成させてくれれば、それはチームにとって素晴らしいことだ。

敗戦後に怒りを顕にする選手が好きだとのことですが、デレはハーフタイムの交代に怒ったのでしょうか?

デレはとても礼儀正しい男で、とても落ち着いているし、少し内省的なところがあると思うね。いろいろなことを考えたときに、あのときの反応はまさにデレらしかったと思うよ。

静かだったし、悲しんでいたけれど、試合後にはチームメイトの中の一人になっていた。しかし、繰り返しになるが、彼は良い子なんだよ。とてもとても礼儀正しいし、ここでは私に対しても、他の者にも、彼から強いリアクションは見られなかった。良い子でなんだ。本当に良い子なんだよ。