/ジョゼ・モウリーニョ:ロコモティフ・プロヴディフ戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ロコモティフ・プロヴディフ戦を控えての記者会見

これまでにもワールドクラスの選手を獲得したことがありますが、彼らはクラブに何をもたらしたのでしょうか?

巧妙な質問だが、私は巧妙な答えを持ち合わせていないよ。テッド・ラッソ(Ted Lasso)*の教訓なのさ。「喋らない方がいい」んだよ。

*Ted Lasso:アメリカのスポーツ・コメディ・ドラマ

デレの状況はどうか?彼が移籍マーケットが終わったときにもクラブにいるのか?

ハーフタイムでの交代は最初ではなかったし、あれが最後でもないよ。これまでに私は何度もやっているし、最近だとオリンピアコス戦でエリック・ダイアーを試合開始で30分で外しているな。

あのようなことをするときは、いつもチームのためにやるのであって、選手に対しては絶対にやらない。選択肢が正しかったことが証明されたケースもあれば、間違っていたことが証明されたケースもある。今回の場合はうまくいかず、後半のチームは前半のチームよりも良くなかった。

それが私の仕事なんだ。パフォーマンスに満足していないときにはチームのために最善を尽くそうとするのが私の仕事だよ。筋書き通りにはいかない。ただそれだけのことだ。

エバートン戦の後のチームの雰囲気はどうですか?

ルドゴレツ戦で負けた後のプロヴディフと同じような雰囲気さ。*

*エバートン戦と同日の日曜にブルガリアの国内リーグでプロヴディフはアウェイでルドゴレツに3-1で敗れている。