/ジョゼ・モウリーニョ:シェフィールド・ユナイテッド戦に向けての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:シェフィールド・ユナイテッド戦に向けての記者会見

沈黙のセレブレーションが求められることをどう思いますか?

求められていることだからね。我々とすれば努力しなければならないんだよ。おそらく一番良い方法は、ゴールを決めた選手が無茶苦茶なセレブレーションしたいのなら、一人でやらせてあげることだろうね。以前、選手たちにいつも言っていたのは、「チームとして祝おう」だったんだ。「アシストしてくれる仲間たちのことを忘れるな」とね。「後方で一生懸命に戦ってくれている仲間たちのことを忘れずにみんなで祝おう」だった。

ただ今は「一人で祝おう」となっていて、落ち着いてから周りの選手たちは近づこうとすべき時なのだろう。難しいのは分かっている。我々の選手たちはとてもよくやってくれているが、とは言ってもこれが守れない選手に批判的になるのは難しいだろうね。

昨日、(この要請を話し合う)ミーティングをして、今朝もミーティングがあったんだ。どのクラブも同じようにやっていれば、選手たちは感情をコントロールできなくなるのは極限の状況になったときだけだと信じたいね。おそらく、お互いに助け合って、選手たちにセレブレーションを控えるように教育することができると思うよ。みんなでやってみようじゃないか。

トレーニング中にもゴール・セレブレーションを控えるようにしていますか?

いや、してないよ。それはないだろう。トレーニングの中で、トレーニング・グラウンドで日々、プレミアリーグからの要請を守ろうと厳格に我々は取り組んでいる。現在、厨房は使用禁止で、ドレッシングルームも分けて使い、どこでもマスクを着用している。今、ここでは皆さんに話しをするために脱いだだけなんだよ。密にならないように気をつけてトレーニングをしている。だが、トレーニング中にゴールを祝わないようにしてはいないよ。昨日はみんなでミーティングをして、今日は私とプレミアリーグの各クラブのキャプテンとミーティングをして、どのクラブも同じことをしていると思うが、我々はしっかりと要請に応えなければならない。

もちろん、私はベンチにいるわけだから簡単だよ。それに私はVARのおかげで、ゴールが決まった後もVARが入ってこないかを確認するのを待つからね。ピッチ上の選手にとっては、個々の状況によってくるんだ。繰り返しになるが、我々からのアドバイスは、ゴールを決めた選手はたった一人でチームの感情を表現することになるのかもしれないね。

一人でチーム全体の感情を表現し、その後に(少し落ち着いて)仲間たちと歩きながら幸せを分かち合うことができるかもしれない。そうやって我々にできる限りのことをしていこうと思うよ。