/ジョゼ・モウリーニョ:カギとなるわずかな補強でスパーズは好転する

ジョゼ・モウリーニョ:カギとなるわずかな補強でスパーズは好転する

モウリーニョは、過渡期を迎えているのはスパーズだけではないと考えており、彼自身はクラブとそのプロジェクトに『200パーセントの忠誠心』を持っている。

「繰り返すが、今シーズンは初日から非常に難しいシーズンだったんだ。チャンピオンズリーグ決勝で敗れた瞬間から、このクラブの多くの人たちにとって、『明日は晴れる』のか『明日が晴れてくれる』のかを信じることがとてもとても困難だったんだよ」

「あの瞬間から、向かうべき方向が非常に、非常に難しいものになっていた。私が言いたいのは、とても多くのビッグクラブが困難な時期を通過するということだ。その時期が長びくこともあれば、短いこともあるが、とてもとっても多くのビッグクラブが、変革の期間、選手を入れ替えの期間、選手を失う期間、選手が年を取る期間があるんだよ」

「多くの歴史を持つ多くのクラブを見れば一目瞭然だろう。これはプロセスの途中であり、満足していないファンへの私のメッセージは、私が強く、楽観的で、クラブとプロジェクトへの200パーセントの忠誠心を持ち続けていくし、クラブが改善を熱望していると分かっているということだ」

「それが我々にとっての最大のモチベーションだよ。来シーズンは今シーズンとは違ったものになるだろう」

モウリーニョは、来シーズンに向けて希望を持っている理由と、わずか数人の決定的な補強によってカギが握れると説明する。

「私がここで働き始めた初日からそうだ(希望を持っている)。我々のチーム戦力に少し手を加えるだけでよいのだから、これまでの数年間と同様に夏に巨額の補強費など必要はないよ」