/歓喜のルーカス・モウラ「この感情は言葉にできないよ」

歓喜のルーカス・モウラ「この感情は言葉にできないよ」

チャンピオンズリーグ・ファイナル進出を劇的に決めたトッテナム。試合後ルーカス・モウラは、アヤックス相手に決めたハットトリックを自身のキャリアで「最高の瞬間」と表現した。

 

トッテナムは合計スコアで一時3点もの差をつけられていたが、このブラジル人が決めた後半ロスタイムの決勝弾により、アウェイゴールの差で6月1日の決戦への切符を手にすることとなった。

後半45分間での大逆転劇で全3ゴールを決め、試合終了のホイッスルとともに喜びを爆発させたモウラにとって、この感情をまとめることは容易ではないようだ。

ルーカス・モウラが試合後にBTスポーツのインタビューで語った。

「今はこの感情を言葉にすることはできないよ」

「とにかくハッピーだし、チームメイトを誇りに思う。不可能はないと信じていたし、ピッチではベストを尽くしたんだ。この最高の瞬間を味わうのに僕たちはふさわしかった。僕たちはファミリーなんだ。」

「説明なんて無理さ。とにかくハッピーだ。きっと神様のお恵みさ。チームメイトとファンのみんな、シェアハピしよう。」

The Brazilian forward won a pulsating semi-final with a winner deep into stoppage time