/ACミランとトッテナムのクシシュトフ・ピョンテク移籍交渉は続く [Gianluca Di Marzio]

ACミランとトッテナムのクシシュトフ・ピョンテク移籍交渉は続く [Gianluca Di Marzio]

ACミランのここ3試合でのプレー時間が0分となっているため、クシシュトフ・ピョンテクはミランのステファノ・ピオリ監督のプランの一部ではなくなったようだ。 昨日、ポーランド代表ストライカーの代理人はロッソネリのディレクターと会って、ピョンテクの将来について決定をした。

トッテナムは、負傷したハリー・ケインの替わりとしてピョンテクを獲得するための会談を再開。ミランにはわずか1年前に投じた移籍金(3500万ユーロ≒3000万ポンド)から損失を被るつもりはないため、双方クラブが納得するかたちで合意に達することができるかどうかは不明である。