/トッテナムがマーカス・テュラムを優先補強ターゲットとして交渉中 [RMC Sport]

トッテナムがマーカス・テュラムを優先補強ターゲットとして交渉中 [RMC Sport]

RMC Sportによると、マーカス・テュラムとトッテナムは移籍に向けた交渉中で、トッテナムはこの23歳のフランス人ストライカーを優先補強ターゲットとしている。

マーカス・テュラムは、この夏、様々な出来事に遭遇している。フランス代表として6月11日から7月11日の開催されるユーロ2020に出場する23歳のストライカーは、今夏にボルシア・メンヘングラードバッハを離れることが予想されている。

RMC Sportの情報によると、現在、トッテナムと話し合いをしているとのことだ。イングランドのクラブは、リリアン・テュラムの息子を優先補強ターゲットとしている。イングランドのクラブに近い情報筋は、ここ数日で話し合いが進んだと説明している。

ユーロに参戦

2020年11月にフランス代表に初招集されたかつてソショーとギャンガンに所属していたテュラムは、昨年12月から今年1月にかけて、ブンデスリーガで相手選手に唾を吐いて5試合の出場停止処分を受けたことで、その躍進が滞っていた。しかし3月以降はベストの状態に戻り、クラブのシーズンを全40試合の出場で11ゴール12アシストの成績で終えた。

テュラムは、1週間前に行われたユーロに向けた調整試合のウェールズ戦(3-0)ではベンチを温めていたが、火曜日にスタッド・ドゥ・フランスで行われたブルガリア戦(3-0)ではベンチにも入らずスタンドに座ることになった。

先月、RMC Sportのインタビューでマーカス・テュラムは次のように語っている。

「個人的には、本当に自分のスタッツに満足しているよ。ブンデスリーガで8位になれたしね。自分のスタッツについてだけど、ミスもあったから、もっとゴール数を増やせたんじゃないかと思ってもいる。でも、毎年、自分は成長しているし、良くなっている。だから、まぁ、満足しているよ」

そこで将来について聞かれたテュラム。

「今のところ、フランス代表でのユーロに集中しているよ。ユーロが終わったら、何が起こるかわからないね」