/PSGとトッテナムはデレ・アリの移籍で合意したが… [Le Parisien]

PSGとトッテナムはデレ・アリの移籍で合意したが… [Le Parisien]

しかし、デレ・アリの移籍にはスパーズの代替選手の補強が成立することが条件となっている。このミッドフィルダーの後任には、火曜日の夜に2-1でACミランに勝利した試合で決勝ゴールを決めたインテルのクリスチャン・エリクセンの名が出ているが、その契約が成立するのは難しいとみられている。

ミラノ・ダービーの後、アントニオ・コンテは「クリスチャン・エリクセンはインテルに残るだろう。替わりの選手を獲得していないし、出て行かせないよ」と語っていた。

イギリスのTelegraph紙によると、デレ・アリは月曜日と火曜日にトレーニングに参加しなかったようだ。モウリーニョがもはや戦力とみなしていないイングランド代表キャップ37を誇る男は、1月10日のFAカップ3回戦、マリーン戦以来、一度も公式戦に出ておらず、1ヶ月以上もプレミアリーグに出場していない。また、木曜の夜のリバプール戦でもメンバー入りは期待できないだろう。