/トッテナムがマックス・アーロンズの獲得を狙いエバートン、マンチェスター・ユナイテッドと競合 [Sky Sports]

トッテナムがマックス・アーロンズの獲得を狙いエバートン、マンチェスター・ユナイテッドと競合 [Sky Sports]

マックス・アーロンズの獲得にはマンチェスター・ユナイテッドとエバートンがすでに興味を示している。トッテナムはブライトンのタリク・ランプティーにも注目している。

トッテナムはマックス・アーロンズへの関心を復活させており、今夏、ノリッジの右サイドバックを追いかけるクラブの一つに加わった。

ノースロンドンのクラブからの退団を希望しているセルジュ・オーリエの将来が疑問視されているが、スパーズのダニエル・レヴィ会長は以前にもアーロンズについて打診を行っている。

現時点で監督が不在のトッテナムはブライトンのタリク・ランプティにも興味を示しているが、サウスコーストのクラブは5000万ポンドもの金額を要求していると言われている。

このような状況の中で、ノリッジが3000万ポンドを要求すると言われるアーロンズは、より手頃な価格の選択肢となりうる可能性がある。

しかしカナリーズは、プレミアリーグへの復帰に貢献したアーロンズとの契約がまだ3年残っているが、現在、アーロンズと新たな契約の締結を望んでいる。

Sky Sports Newsは、マンチェスター・ユナイテッドとエバートンがアーロンズに興味を示していることをすでに報じているが、ユナイテッドは今夏に右サイドバックを補強するならば、キーラン・トリッピアの獲得を優先しているようだ。

トリッピアとアーロンズは似たようなタイプの右サイドバックだ。アーロンズは、2019年にスペインに移籍したトリッピアの後釜としてスパーズから注目されていた。しかし、アトレティコはトリッピアの売却を望んでおらず、彼を4300万ポンドと評価している。

トッテナムでは、ファビオ・パラティチが移籍と新ヘッドコーチの任命を担当している。

また、この夏のスパーズは、選手の放出の進展に関係なく、まずはセンターバック、右サイドバック、センターフォワードを強化したいと考えており、放出が進めば他のポジションの獲得にも乗り出す可能性がある。マンチェスター・シティからの1億ポンドのオファーを受けたハリー・ケインの将来は依然として不透明だ。