/ポチェッティーノの危惧する問題は過ぎ去ったのか?

ポチェッティーノの危惧する問題は過ぎ去ったのか?

日曜のアーセナル戦で2-2と引き分けた後、スパーズのマネージャーであるマウリシオ・ポチェッティーノはここ数日落ち着かない時期であったことを指摘した。最近のスパーズにはスパーズらしさがなかったが、移籍市場が閉まったことで何らかの変化があるだろう。この件に関して、スカイスポーツのアダム・ベイトが執筆する。

日曜のアーセナル戦では2点のリードを守り切れず、スパーズはこのビッグマッチにおいて待望の勝利を掴むことができなかった。しかしマウリシオ・ポチェッティーノはチームにとってのベストプレイヤーを見つける代わりに、彼が待ち望んでいたものをようやく手に入れた。ヨーロッパにおける移籍市場が閉まったことで、彼が安堵したことは容易に見てとれる。

スパーズは今シーズンのオープニングゲームであるアストンビラ戦で激しい戦いを制し、続くシティ戦では辛くもドローに逃れた。そして、今シーズン誰もが予想し得ない不可解な采配を披露し、ニューカッスル戦ではまさかの敗戦を喫した。クリスチャン・エリクセンはホームゲーム2試合でスターティングメンバー落ちし、ヤン・フェルトンゲンは3試合欠場となった。将来の不透明さが采配に影響を与えたことは否定しにくい。

「おそらく今シーズンの彼らはチームとしてまとまらないだろう。」

ジョゼ・モウリーニョはスカイスポーツのスタジオでこのような発言をしており、スパーズの今シーズンについて予想をしていた。

「数人の選手が異なる挑戦をしたがっていると思うね。」

筆者である私もそう思っていた。しかし、不安に満ちた新シーズン初めの数試合を経て、スパーズにとって良いニュースが舞い込んできた。月曜日には移籍市場が閉まり、ポチェッティーノは気持ちを切り替えていくとの意思を示した。

「私たちには再起するだけのクオリティがあると楽観視しているよ。これまでの3試合では自分たちの力を発揮できなかっただけだと思っている。」

トッテナムのマネージャーはエミレーツ・スタジアムでの試合後の記者会見でそのような見解を明らかにした。

「私たちはチームとしてまとまる必要があるんだ。これまでチームはまとまっていなかったし、その件についてはプレシーズンのときも話したよね、”今の状況に私は満足していない”ってね。」

「チーム全体が同じ目標に向かって共通の考えを持つことが重要で、選手たちは私たちがどのように前に進むかについて明確な考えを持つことが大事なんだ。雑念を取り払うことが必要だよ、今日のクリスチャンや他の選手がやっていたようにね。明日になれば100パーセントチームがまとまると思うし、雑念に囚われることはなくなると思うよ。このような問題はマネジメントするのが大変なんだ。」

Tottenham Hotspur